鷽かえ(うそかえ)祭について

  この神事は太宰府天満宮や亀戸天神など天満宮のみで行われている特殊神事です。
  香川県では滝宮天満宮のみで行われています。
  滝宮天満宮での鷽替え祭りは鷽鳥(うそどり)という鳥の人形を手作業で作り、それを祈願し参拝者の皆様に授与します。
  うそ鳥を受けた参拝者はまじめな心持ちで参拝者同士 「かえましょ、かえましょ」とうそ鳥をとりかえていくことで、
  それまでの一年の中で知らず知らずのうちに犯した罪や、穢れが清められて、今までの悪しきことは皆うそとなり、
  よきことに鳥かえる(とりかえる)という意味で「うそかえ」といわれています。


  
  日にち(毎年)
   4月24日  午前10時より

       

   方法(しかた)のあらまし
  1、当日拝殿前にてうそ鳥を一体八〇〇円で授与します
  2、社前でうそ鳥を受けた者は境内で老若男女問わず「かえましょ、かえましょ」とうそ鳥を交換します
    何回でもかえて下さい
  3、抽選により福運(景品)4等、5等が当たります 
    うそ鳥とともにお渡しするティッシュにクジが入ってますので確認してその場でお受取り下さい
    1等から3等は巫女による弓矢による抽選をおこないます

  H27より例年4月25日に行われていた滝宮天満宮例大祭の行事をうそかえ祭りの日に執り行うこととなりました
  
行事時間案内(予定)
   午前10時  うそ鳥授与(1回目)
     11時  報恩謝徳祭 境内内龍燈院跡地にて巫女の舞奉納
   午後12時  うそ鳥くじ抽選(1回目)

 順次2回目うそ鳥授与
          
うどん献面式
     13時  花神輿のおさがり 豊栄の舞、浦安の舞、獅子舞の奉納など
     15時半 うそ鳥くじ抽選(2回目)
     続けて  
菜種(なたね)のもちなげ  福を授け、厄災をはらう餅を参拝者に散供     
 

  駐車場は限りがありますので公共機関琴電をご利用下さい
  車でお越しの方は道の駅滝宮をお願いします
                           

滝宮うそかえの歌(串本節)
            (一部抜粋)

さぬき名物   うそかえまつり
音も名高き   たきのみや
(サァーサ)
かえましょ   かえましょ
かーえましょ
うそかえ 画像
うそ鳥画像                     日本のうそ鳥画像
このホームページでの使用の写真、図版は無断転用・転載はできません  http://www.takinomiyatenmangu.com